薬剤師転職の注意点,薬局やファーマシー、チェーン・ドラッグストアー、クスリ、求人紹介のサイト・エージェント、病院の情報・評判や評価

薬剤師転職エージェント
他の病院・薬局へ転職したい!どのエージェントがいいの? ⇒ 転職サイトのランキングは…
薬剤師転職エージェント 薬剤師転職サイトランキング 薬剤師が転職するには 転職の注意点 薬剤師転職サイトの比較 薬剤師の給与・給料

薬剤師転職エージェント薬剤師の転職薬剤師転職の注意点

                                                 

【薬剤師が転職する際に注意したい点】

薬剤師転職エージェント
薬剤師の方が転職活動をするにあたって、注意すべき点が何点かあります。

まず、同じ職場の人には相談しないこと。

どうしても、相談したいと思うこともあるかと思いますが、極力同じ職場の人に相談するのは避けたほうが無難といえます。

なぜなら、もし転職の相談をしたにもかかわらず、転職が決まらずにその職場に残らなければならなくなった場合、かなりいづらくなってしまいます。

また、相談した人が、悪気がなくても、他の人に転職のことを告げた場合、貴方の職場での立場が非常に悪くなるのは、簡単に想像できるかと思います。

ですから、転職の相談をする場合は、職場の同僚はできるだけ避けたほうがいいでしょう。


次に、転職先が決まった場合、新しい職場での待遇などは、書面としてもらっておきましょう。

口頭での確認ですと、「言った、言わない」といったようなトラブルの原因になりかねません。

待遇、条件は必ず書面でもらうようにしておきましょう。


さらに、退職する旨を職場の上司に伝えるのは、正式な採用が決まってからにすべきです。

正式な採用通知をもらう前に、「多分大丈夫だろう」と自分で判断して、職場の上司や同僚に退職する旨を話すのは危険です。

正式な採用通知をもらうまでは、じっと我慢しておくべきです。


そして、最後に引継ぎはしっかりすること。

辞めるからといって、適当に引継ぎを行ったりしないようにしてください。

後に残された人に迷惑をかけないように、しっかりと引継ぎをして退職したいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


薬剤師転職エージェントランキング
薬剤師転職の流れ
薬剤師転職の方法
薬剤師の職務経歴書
転職の面接のポイント
エージェント登録する数
薬剤師転職エージェント一覧
薬剤師サイトの比較
求人情報の探し方
薬剤師の転職先は
履歴書・経歴書の書き方
薬剤師転職のよくある質問
 薬剤師転職エージェントのサイトマップ

TOP / ランキング / 転職方法 / リスト / リンク集 / 東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 比較 / マップ
北海道 / 大阪 / 兵庫 / 京都 / 奈良 / 名古屋 / 福岡 / 新潟 / 富山 / 福井